Baby Steps

ゆっくりと歩む日々の眺めと言の葉

雪景色

『未来のルーシー』の中でも西田幾多郎氏の話題が随所に出てくるが、私もまたかつてその著書『絶対矛盾的自己同一』を読んでみたものの、お手上げのまま放置してあった。 けれども、論考的な本ではない『西田幾多郎...

続きを読む

未来のルーシー

むさぼるように読んでしまう本との出合いというのが稀にある。 それが、この『未来のルーシー』。 読み終えて、改めてじっくりとレンマ学を読み始めたいと思った。 折しも外出の自粛要請が出ている週末だが、ちょ...

続きを読む

みずみずしいダンス

中学生の生徒さんが今月はじめに初めてコンテンポラリーのクラスを受講した際の動画を拝見させていただいた。 バレエの動きの中で見ている彼女以上に、生まれて初めて体験するダンスの動きの中で、彼女が育んできた...

続きを読む

他者の身体を通じて働きを感じる

今日のセミパーソナル・レッスンではドゥバンやア・ラ・スゴンドで脚をキープする際にも大切な筋の働きにフォーカスしていくつかワークを行なった。 その働きの有無によって自身の感覚が変わることももちろんだが、...

続きを読む

桜と踊る

私はだいたい朝5時頃に起きる。 今の時期の楽しみは、ゴミを出しに行ったついでにまだ人影もない公園に寄り、桜を見上げること。 そして風にそよぐ桜の枝の動きと呼応するように小さくアームスを動かしてみたり、...

続きを読む

春麗

週末までずっと仕事だったが、麗らかなお天気と春の花たちに誘われて夕暮れ時のウォーキング。 私の好んで歩くコースは住宅街のちょっと奥まった地域なので、普段でもあまり人とすれ違うことも無いが、昨日もとても...

続きを読む

ウィルスの意味論

今読んでいるもう一冊は『ウイルスの意味論――生命の定義を超えた存在 』 裏表紙の言葉に簡潔にまとめられている通り、「ウィルス」についての見方が大きく変わる本だと思う。 「論」とあるので堅苦しい本の様だ...

続きを読む

True North

海外への留学を目指していた高校生の生徒さんが、ここにきてその志を再考し始めているそうだ。 それは単にコロナウィルスで不安になったからということではなく、 なぜ踊るのかという問いを今の状況の中、根底から...

続きを読む

自然に学ぶ

昨年の夏実家の両親が越した家の庭は、しばらく十分な手入れがなされていなかったことで背の高い雑草類とドクダミのジャングルの様になっていたので、引っ越し後は私も休みの度に足を運んではその手入れも行ったり、...

続きを読む

足首から首を整える

昨日のセミパーソナルレッスンの最初の方で、一人の生徒さんがこのところ右の肩首から腕にかけて不快感が続いているというお話があった。 今回は新正体法(一瞬整体)を通じて、またひとつ稽えるヒントを見出してい...

続きを読む